729aa82faa84e540e67fe145785d2836
フライパン屋の思った事とか、食事とか、物とかそう言うのの日記

玉ねぎでハンバーグが変わる

2018/03/29 17:27 晩ごはん


フライパンとずーーーと付き合ってきてます。


フライパン屋なので当然と言ったら当然なんですが、「美味しいハンバーグを焼くには」ってテーマでハンバーグとフライパンを考えてきたんです。


で、あるとき、ふと思ったことがあります。それは「美味しいハンバーグってどんなハンバーグ」って疑問です。

美味しいハンバーグって言ったらどんなハンバーグを想像するかって話です。


しっかり噛むのが好きな人は、赤みの多いハンバーグだし、それこそ切ったら肉汁がじゅわ~~って流れる様なハンバーグが好きな人は、それが美味しいハンバーグになるんです。


今までフライパンとハンバーグ焼きをテストしてきて、実は今回の玉ねぎの切り方でも、ハンバーグは変えられるって事に気づいたんです。


例えば、しっかり噛みたいハンバーグなら、包丁で玉ねぎを切ります。

これだと玉ねぎの繊維が崩れにくいからだと思いますが、ハンバーグが水っぽくなりにくいんです。


でも、肉汁期待のハンバーグなら包丁で切るより、フードプロセッサーで切った玉ねぎのほうが、水分が出やすくて、しかもそれが肉汁と一緒になるもんだから、切った時に肉汁が!!!って事になりやすいんです。


ほか、つなぎをいれないと肉汁は流れ出やすくなるって手も、なんども連続してハンバーグを作ると結構そんな事が分かってきました。


こういうのを知ると「今日はどんなタイプのハンバーグにしようかな」って楽しみができるんです。

この色々なハンバーグが出来るっていうのも、また楽しくて、こういうのをお料理を楽しむって言うんだ~~って思ったりもします。


で、


その積み重ねが家庭の腕前なんですが、それを添加物でどうにでも可能にしているのが量産のハンバーグです。

そう言えば、ひき肉を練ってハンバーグを作って、焼いて、スーパーのハンバーグ弁当と同じのを作ろうってやったら、とても同じ金額には出来なかった事があります。

いかに、って話だと思います。


美味しハンバーグはやっぱり家庭で焼いてって思います。

写真のハンバーグ大きいでしょ。



あなた用に作ったフライパンって言う、ちょっと特別なフライパンで焼けば、美味しいのを焼きたいって思う方、結構いらっしゃいます。

そんなフライパン作っています。

ホームページはこちら

http://ajinefrypan.com/


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください